2011年07月23日

K主任のつぶやき 第3回 まだ、まにあうのなら…

「何という悲しい時代を迎えたことでしょう。
今まで、自分の子どもに、家族に、ごく少量ずつでも、何年か何十年かのちには必ずその効果が現れてくるという毒を、毎日の三度、三度の食事に混ぜて食べさせている母親がいたでしょうか。
そのような恐ろしく、愚かしいことを、今の世の母親はほとんど知らずに、知っていてもどうすることもできず、できるだけ毒の少ないものを選んで食べるよりしょうがなく、おいしく楽しかるべき家族のための食卓の用意がとても重苦しく、罪の意識にさいなまれます。」(「まだ、まにあうのなら−私の書いたいちばん長い手紙−」甘蔗珠恵子 著/『湧』増刊号)
1987年5月に出会ったこの文章は、結婚したばかりの私にとって身震いするほどの大きな衝撃を受けたことを記憶している。
2011年3月11日深夜、テレビから投げ出される津波映像を背に、私は本棚の奥底から甘蔗さんの冊子を探し続けていた。手紙形式で書かれたこのメッセージは、A5版冊子で55頁にもおよんでいる。もしかすると現在の被災者の方々には厳し過ぎる言葉であり、危機感をあおるだけの無責任な発信になることを危惧しつつも、今しかないと思い立ち紹介することにした。
チェルノブイリから25年経った今…、それこそ想定外の事故が身近におこってしまった。震災当初はヨウ素131だけが問題として報道されていたが、今はヨウ素の問題は忘れ去られ、セシウム137…、しかも食肉牛の問題だけで取り上げられている状況だ。ストロンチウムは?コバルトは?プルトニウムは……、中途半端な知識に振り回される私は、これから先5年、10年、100年…、東北はどうなるのか、日本はどうなるのかと、ただただおろおろするばかりである。
「まだ、まにあうのなら…」、現状を憂うことだけでなく、身を動かすことが「いま」なのだと思う。「放射能から子どもを守る宗教者ネットワーク」が夏休み合宿の活動を展開している。是非、ご協力いただきたい。
posted by FSC at 18:33| 主任のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。